イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

プジョー106S16 リヤブレーキキャリパ フルリフレッシュ

プジョー106のリヤブレーキキャリパのリフレッシュ作業を行っています。

この頃のプジョーやルノーは、リヤキャリパに備わるエア抜き用のブリードボルトが
エア抜きの際に折損する事が多く、折れる前に交換したい部品です。
RIMG3263
折れた場合、抜き取り作業が非常に困難となります。

今回は、抜き取りが不可能であった為、中古品のキャリパに交換しました。

フロントのキャリパと異なり、リヤキャリパはサイドブレーキ機構も備わる為、ピストンシールの
交換のみならず、ハンドブレーキ機構も消耗品の交換を行います。
RIMG3264
各部の分解を行った後に、部品の徹底洗浄・各部の点検を行います。
ハンドブレーキ機構は、皿バネが5枚組み合わせて組み込まれており、センターのロッドを
抜き取ると、その軸部の気密を保つ為のシールリングも組まれています。
RIMG3265
指先に持つシールリングがその箇所のシールです。

プジョーのリヤキャリパをオーバーホールする場合、数種類の部品を調達する必要が有り、
同じ部品が重複してしまいますが、すべてを揃えなければ完全に組み替えることができません。

組み付けの際にハンドブレーキ機構の皿バネを押さえ込む必要があり、この作業が
いつも苦労します。
片手に長いバールを持ち、てこの原理で押さえつけながら、シャフトを入れていくのですが
上手く力が掛からないと一発で作業を決めることができません。

なので、こんな方法でトライしてみました。
RIMG3269 RIMG3268
見事に組み付け成功です。

折れてしまうブリーダボルトも新品に交換し、キャリパが完成します。
RIMG3267
(画像は完成前のものです)

この後、圧送式にてフルード交換及びエア抜きを行い、フルードの漏れ・効き具合の確認
SDLによる制動の確認を行い作業が完了します。