イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

サービス・ダイアグノーシスライン(SDL)のメンテナンス

2018/01/18 | 何気ない作業風景

工場設備のメンテナンス作業を行いました。サービス・ダイアグノーシスライン(SDL)のメンテナンスです。入庫車輌を短時間でサスペンション及びブレーキの機能や性能を診断を提供出来る、当社にとって大切な設備です。IMG_2582IMG_2583

先日も入庫車輌のサスペションの不具合が瞬時に発見出来ました。左フロントショックは機能して無いのが見て取れます。

名称未設定 1

フロントショックとアッパーマウントの交換を行い復帰しました。