イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

グランデプント・アバルト のリヤブレーキを巨大化しました

リクエストを頂いた作業の結果をご紹介します。

グランデプント・アバルト・エッセエッセ
フィアット系の車でありながら、ホイールのPCDは100という異端児です。

つまり、FIAT500124スパイダーの様に、キットとしての設定では無く、
完全なるワンオフである事をあらかじめ申し上げておきます。

今回の新規制作アイテムは
310mm 2ピース ブレーキディスク
PCD100 ベルハウジング
オフセットマウント キャリパーブラケット
大物はこれら3点です。
RIMG4449

2ピースですので、まずは組み立てから開始
RIMG4450

緩み止め剤を塗布後、トルク管理で締め付けです。
マーキングも施工しました。
RIMG4452

今回のロータサイズは
264mm→310mm
46mmサイズアップです。
RIMG4469
重ねてみるとよくわかります。
RIMG4468

ブレーキディスクを取り付け
RIMG4458
オフセットブラケットの取り付け
RIMG4461

ブレーキキャリパーを組み付けて
RIMG4467

ホイールを取り付け、試運転を行い、完成となります。
RIMG4464

ホイールが取り付けられた状態での画像が、最もブレーキサイズの違いがわかります。
こちらは変更前の画像
RIMG4463
ホイールが18インチですので、小ささが際立ちます。

ちなみに大切なのは、大きさではありません。
制動力の違いです。

フルブレーキングの際にノーズが深く沈み込むのでは無く、後ろからも引っ張れる様な
制動を感じるようになります。

以下、お客様から頂いたコメントです。

「リアのブレーキ、良いですね!
今までもブレーキはよく効いてますが更にいいです。Gが頭より腰から沈みこむ感じがします。
ここまで良くして貰えると欲張りになります。」

わかりやすくて、うれしいお言葉を頂きました。