イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

プジョー206エンジンオイル漏れ修理

社用車で活躍中の19万キロ走行のプジョー206SW、継続検査と併せて各部の整備とオイル漏れ修理を行いました。オイルエレメントヘッドとシリンダーブロック間でのオイル漏れの様です。エキゾーストマニホルド下のキャタイザーを外してアクセスします。

IMG_2981

IMG_2973

オイルラインの3個のシールを交換。

IMG_2976

ラバーシールが硬化して硬い樹脂の様になっています。

IMG_2978

走行距離は多いですが、キャタイザーのコンディションは良い様です。

IMG_2982

オイル漏れも無くなり、まだまだメンテナンス次第で走り回って頂きます。