イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

フィアット500のトーションビームマウントについて考える

お客様からのご相談で、トーションビームマウントの剛性を上げたいとの
リクエストがありました。

トーションビームマウントって何?ってかたの為に個所を説明しておきます。
IMG_0428
TRUCCOさんのトーションビームスタビライザが目に入ります。
ここがトーションビームとなります。

で、今回の対象はそのマウントです。
IMG_0465
アッセンブリを取り外して、ブッシュを抜き取りにかかります。
IMG_0475
こんな感じでうまく抜き取れました。
IMG_0477
これが純正マウントです。

で、このマウントがどの程度の動きを発するかというと。
IMG_0454-ANIMATION
IMG_0433-ANIMATION
「画像クリックでアニメーション再生できます。」
マウント支持部にレバーをかけ、クイックイッと力をかけるだけでこのありさまです。

なんとしても強化したいところです。
だって、どれだけ良いサスペンションを装着したって、ここがこれだけ逃げたら
仕事量半減ですよね。

で、用意したのがまずはコレ。
IMG_0479
IMG_0539
有名なメーカーの強化ブッシュです。

なのですが、組んでみて別の方法に切り替えました。
理由はここでは明かしません。

で、次に用意したのがコレ。
IMG_0541
他車種のサスペンションに用いられるピロボールジョイントです。
サイズ的にかなりドンピシャ!
当社の旋盤で外寸加工と、ローレット加工を施しました。

ピロボール本体を圧入し、その外側から外輪を抑え込むためのカラーも制作しました。

IMG_4251
IMG_0548
IMG_0558
かなり良い感じでフィットしています。

もう余計な遊びはなくなり、円滑スムーズな動きを見せてくれます。
この仕事っぷりはピロボールならではです!

組付けを行い、試運転をしてみると。
足の動きのしなやかさの素晴らしいこと!
綺麗に動いているのがすごくわかります。

ブッシュの逃げがなくなり、ハードな印象が前面に出てくるかと思いきや、
まるで固くない!

これ、めちゃくちゃ良いかも。

製品化も考えようかな?っと思う完成度です。