イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

RECARO LASSIC SR-7 をDS3レーシングに装着・見所はエアバッグ解除の処理☆

2013/12/11 | シトロエン

今夜も気分の上昇するお楽しみ作業の報告です☆

DS3レーシングに レカロ ラシック SR-7 オレンジ/ブラックの取り付けを行ないました。
CIMG7550
オレンジxブラックはご存知のレーシング専用カラーです。インパクトありますね!

CIMG7562  CIMG7569
まずは純正シートを取り外し、作業体制を整えます。
CIMG7563  CIMG7568
シートが外れたらサイドエアバッグの処理を行ないます。
エアバッグの処理と言いましても、爆発させるわけではありません。
メータ内にエアバッグ警告灯が点灯しない様にする必要がありますので、その処置を行なうのです。
DS3の場合、モデルにより通常のキャンセラでは警告灯の解除が出来ないモデルがあります。
その場合、頼りになるのは 車輌診断テスターですね。
DS3はテスタに接続する事で、指定箇所のエアバッグを機能停止・開始を任意に設定する事が可能です。
他車種では現在のところ、その方式を試みたことはありませんが、理想的な解除方法と言えるのかもしれません。

CIMG7572
装着完了です!
ボディカラーとのコーディネイトはカンペキです。
助手席側にも同じ物が付いていれば、純正シート?と言っても誰も疑いません。

CIMG7573  CIMG7574
シートサイドに備わるレバーを操作する事で、後席へのアクセスも容易に可能です。

今回は、シートレールを通常設定よりも低めの物を選択しました。
お客様の体型にもよりますが着座位置が下がり、より理想的なポジションにする事が可能です。

今回使用したシートの詳細は SR7 LASSIC詳細 をご覧下さい。