イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ご新規様のFIAT500の点検作業のひとこま

既存のお客様のお車のお預かり数が、非常に多い近況が続いています。
ご新規様のお車は、いきなりのお預かりではなく、メンテナンス前に半日のお預かり期間を頂き、
各部の点検を行っています。

本日点検をご依頼いただいたのは、500の1.4 デュアロジックです。
IMG_0740
走行距離は7万5千キロを越えたあたり。
初めて見させて頂く車の場合、このくらいの距離は一番多いかもしれません。

でも、理想はもう少し早く点検させて頂けていれば。。。と思うことも多いです。

テスタ診断をはじめ、リフトアップによる目視点検、試運転、と初めて見させて頂く車を
把握するためには一通りの診断が必要です。

今回も、色々とみつかりました。
まず、目を疑う光景が飛び込んだのは、ブレーキキャリパのロックボルトの欠損です。。
IMG_0731
よくこれまで何事も無く走行出来ていましたね。。。と言う状況です。
点検作業の際は、改善は行わないのですが、今回はその例外です。
IMG_0737
このまま乗って頂くことは不可能ですので、ボルトは取り付けました。

後部より、ゴトゴト音が凄いので見てみると。
IMG_0732
リヤショックのブッシュが崩壊していました。
反対側は大丈夫でした。
IMG_0735

リヤのバンプストップラバーは、劣化により折損・脱落です。
IMG_0733

バッテリターミナルの酸化具合はなかなか深刻です。
IMG_0738 IMG_0739

エキゾーストパーツの錆が盛大です。
IMG_0734

このような流れで、各部を点検し、優先順位を基に整備見積もりを行います。

今回のお車も、順序立てて整備を行う予定です。
お見積もりの完成までしばらくお待ちください。