イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

さて。。困ったぞ。

エンジンメカニカルトラブルの発生です。
IMG_0743
ご覧のテストは、エンジンコンプレッション・ロステストを行っている風景です。

ピストンを圧縮上死点にし、プラグホールから圧縮空気を封入します。
機密を保持しているのかどうか?
保持しない場合、問題の箇所から圧縮空気が漏れ出るのです。

点検の結果、3&4番シリンダの漏出量が非常にひどい状態になっています。

こちらは2番シリンダの結果。
ロス値は10%ほど。
IMG_0745

それに対して3&4番は20%を超えています。
IMG_0742
漏出箇所は2つともクランクケースへの吹き抜けです。
ブロック側の修理が必要です。

次のレースまでの時間的余裕は、パーツの供給状況から考えるとあまり余裕がありません。

まずはスペアエンジンへの乗せ換えが先決ですね。