イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ムルティプラの排気ガス漏れの原因はマニホールドに有りました

エンジンがドコドコする。
っと言うご相談で入庫していたムルティプラです。
]
ハードユーザなオーナー様が使う車両ですので、いつも想像以上に使い込み
そして何かが起きて入庫しています。

今回は、きっとまた点火系統のトラブルだろうな~っと思いきや、いつもは
違う印象でして。
調べを進めていくと、なんかエンジンルームが臭い!

目も痛くなる!

これ、排気ガスが触媒通過前に解放されてない?っと思い、聴診器で
遮熱板の中の音を聞いてみると、大正解!
エキマニ付近で爆発音が響いていました。

結構分解が大変なレイアウトなのが難点ですが、何とか外してきました。
IMG_1949 IMG_1948
鋳物の肌のエキマニを一周に渡りそうなクラックを確認しました。

エキマニを外すのに、インマニも外さないといけない過酷なレイアウトです。
開放的になったので、触媒の中も点検しましたが、状態は綺麗なものでした。
IMG_1952
幸いだったのは、全てのスタッドボルトが折れずにナットが緩められた事です。

いつも難儀するラムダセンサーも綺麗に緩み、安心しました。

既に20万キロオーバーのムルティプラですが、きっと30万キロに到達するのも
あっという間ですね。

この先もしっかりと支えます!