イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

プジョー308に装着中のBILSTEIN B14が質感高く激変!

今回の作業内容は、308を問わず施工が可能な内容ですので、現在装着中の
ダンパーの質感を上げたい!と思われた方はご相談下さい。

車両はプジョー308の前期モデルのマニュアルミッション 1.6THPです。
ずいぶん前に当社で装着したBILSTEINのB14が装着中です。

先日、別件での入庫中に普段とは異なるシーンにおいての試運転中に
乗り心地の悪さを痛感しまして、お客様に率直な印象を述べることから始まりました。

私の感じたことは、お客様も同様に感じておられた様で、リセッティングを
お任せ頂ける事になりました。

現状のダメな点を洗い出し、そこに対しての打開策を考え、実行していくわけですが
簡単な作業ではありません。

今回の乗り味の悪化の原因は、ダンパー減衰が抜けているといった分かりやすい
状況が有るわけでは無く、もっと奥の方にある原因を掘り下げていくことになります。

実際にSDLテストでの路面粘着率は、いたって良好な結果でした。
201812042112551
特にフロントの接地感は、グラフだけを見ていると、乗り心地が悪そうと言うよりも
むしろ良さそうな結果です。

SDLテストには反映されない領域のストロークを煮詰めていきます。

現状のダンパー寸法も大切な情報源です。
IMG_2375
分解前に測定する事が色々とあります。
1G寸法・伸びきり寸法・一輪あたりに掛かる重量(輪重)
伸びきり寸法~1G寸法を計る事で、現在のスプリングレートが割り出せますので
バネが硬いのか・柔らかいのか、が分かってきます。
B14の付属スプリングは、直巻きバネではあるものの、スプリングレートの公表が
無い為、考えて割り出す必要があります。

ダンパー及びスプリングの目視点検も必要です。
IMG_2009
直巻きバネと、ヘルパースプリングの組み合わせですが、現在の車高を
得るためににはこれだけヘルパーを潰さなければならなくなっています。

これではヘルパースプリングと言うよりは、スペーサですね。

ヘルパーやテンダーと呼ばれる補助バネは、賛否両論ですが
上手く使うことで足廻りの動き・路面追従性は向上すると思っています。

まず、このヘルパーを機能させる事を考えましょう。

以下のように原因・対策をまとめてみました。

「フロントのヘルパーバネが、ジャッキアップ状態でほぼ圧縮されている」

欠点:伸びストロークの不足により、ストローク感が無く接地感が減る。
街乗りスピードの乗り心地も悪化する。

改善方法:ストローク18mm増やす事で伸びストローク確保。
上記欠点は減少します。
しかし高速道路のレーンチェンジではインリフト傾向になるため、
アブソーバーで帳尻を合わせます。

そして、最大の決め手となるのがダンパーセッティングです。
ダンパーは、知れば知るほど奥の深い世界です。
減衰と一言で言えども、微速・中速・高速 それぞれに伸び側・縮み側が存在します。

どの領域をこうしたいから、ここをこうする、そうなることでここがこうなるから、
次はこの部分をこうする。。。といった具合に狙い・効果・妥協点を打ち消す策など
色々な要素を高バランスで実現していくのです。

IMG_2373

ダンパーを測定にかけたところ、以下の欠点が見つかり、そして対策を施します。

「フロントダンパーの減衰がアンマッチ」

ダメだと感じた点:
伸び、圧ともに微速の減衰力が不足しているため、常時ほわんほわんする。
その割に圧側のハイスピードが高く、大きなギャップでドン付き入力が入る。

改善方法:
圧側の微速減衰を倍くらいにアップ。高速側は20%ほど下げ
伸び微速は10%下げて乗り心地をかせぐ。
中速20%下げ、高速は40%上げ
(中速を下げてしなやかさを出しつつ、あまり使わない高速域をドンと上げてインリフトの対策とします)

「リアダンパーの減衰がアンマッチ」

ダメだと感じた点:
伸び、圧ともに微速の減衰力が不足しているため、常時ほわんほわんする。
リアなので乗り心地対策をしているのだと思いますが、
結果として前後共上下に動くようになるため、
スポーツ志向のユーザーさんには不向きだと思います。

改善方法;
圧側の微速減衰は50%ほどアップし車体の安定を狙います。
ハイスピードは少し上げ後ろが沈み込むのを抑制します。
伸びは微速は上げ、ハイスピードは下げて後ろの安定接地を狙います。

と、この様に施工メニューを、車体側イメージと照らし合わせながら決定します。

一発で決まるケースは少ないのですが。。。
IMG_2374

IMG_2377
今回は一発で掴みました!

乗ってみて感じるのが、あらゆるシーンでの乗り心地の改善・かつスポーティな
味わい。
決して硬いわけではなく、サスペンションが仕事を上手に行っているからこその
結果が出ました。

荒れた路面やギャップをあえてスピードをのせて乗り越えても、身構えること無く
吸収し、宙に浮く感じが無い為安心感もすこぶる良いです。

以前は、ギャップの凹凸の吸収に時間を要する動きで有った為、悪い路面が
続く際にずっと体が揺さぶられる印象で(ここが最大の苦痛でした)した。

リセッティング後は、そういった不快感は全く拭い去れました。

一般道からハイスピード領域まで広くカバーする質感高いサスペンションに
生まれ変わり、試運転中に思わずにんまりと笑みの出る仕上がりに満足です。

これならきっと、お客様もお喜び頂けるはず!

細かな仕上げを行い、週末を目標に完成させます!