イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

アバルト595 MTAにオリジナルサスペンションの組み付けです

得意とするサスペンションの整備のご依頼事項の中で、最近特に増えたのが
ワンオフ・現車合わせによるサスペンションキットの作成・取付・セッティングの
ご依頼です。

工場通信の場から、いろいろな車に真剣に取り組む、当社のスタンスを評価されている
結果であると、受け止めています。ありがとうございます。

今回はアバルト595へのスペシャルダンパーのセットアップとなりました。
IMG_2575
IMG_2576

スペシャルダンパ単体での画像を撮り忘れてしまった為、装着後の画像となります。
IMG_2569
スペックは、前後共にフルタップ全長調整式・減衰力固定式
前後共に直巻き・上下同径スプリングを装着します。
フロントはキャンバーアジャストが可能なピロアッパー式です。

アバルト500やフィアット500のリヤサスペンションを考える際に悩みどころなのが
リヤスプリングの選択肢の少なさです。

理想のレート・長さに重点を置いて絞り込むとアジャスタが装着出来なかったり。
アジャスタ前提で考えると、ピッタリと納まるスプリングが見つからなかったり。
何かを取ると、何かが邪魔する。。。そんな一癖が付いて回ります。

当社のオリジナル・ワンオフサスペンションの場合は、その問題点を打開すべく
リヤスプリングの装着自由度をグンっと上げております。
IMG_2571

一般的な規格サイズの直巻きスプリングを、装着出来る様に設計していますので、
アフターサポート時にも非常に融通の効く設計となっています。

ダンパー本体に全長調整機能が備わるので、レートを変え、スプリング全長が
変わってしまってもきっちりと対応が可能です。
IMG_2572

お客様のニーズと、車の現状の仕様に合せて全てをフルオーダーで製作しますので
例えば、リヤダンパーの上下をブッシュ式orピロボール式にすると言った
細かな部分までチョイスが可能です。

今回は、普段使いにも重点を置いているため、リヤダンパーの上下マウントは
ラバーブッシュ式を採用しました。

フロント側も同じく、全長調整式・減衰力固定式です。
IMG_2573
伸び側寸法・1Gストローク・バンプストローク確保・調整などをしっかりと
算出し、粘り・安定感・そして安心感をバランス良く融合させるダンパー造り
を行っています。

前後共に大切にしているのは、質感の高さです。
ハードな乗り味・ソフトな乗り味、求める内容はお客様によって異なりますが
どんな仕様であっても、質感の高いサスペンションの動きを実現できる様に心がけています。

煮詰める事に努力を惜しまない、そんなスペシャルサスペンションをご希望の方は
どうぞ、ご相談下さい。