イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

MSA連日取り付けています!

2014/06/23 | MSA

夏が一歩一歩と近づいていますね。今日も暑いです。
このところ、バタバタとした毎日を過ごしているせいか、工場通信の更新できていません。
色々と告知したい内容はあるのですが、こういった状況ですとなかなか難しいですね~。

このところ、毎日の様に取り付けている商品と言えば「MSA 2ch&4ch」です。
6月の初旬に発売が開始された 4chMSAは初回入荷分が完売しました。
多数のご注文をありがとうございました。
試着・試運転を行ったお客様からの注文率が100%というこの事実は、効果の程を物語っていますね。

気になるぞ!という方々、2ch&4ch試着可能な車種がございますので、お問い合わせ下さい。

アルファミト・ジュリエッタ・500アバルト・500 1.2L・208GT&GTI・206RCととにかく沢山取り付けました。
しかも写真をほとんど撮影できていないという...反省しています。

CIMG9095 CIMG9096
CIMG9088 CIMG9087
ジュリエッタにはこの位置へ取付けを行いました。
指先に示すカプラを取り外せばノーマル復帰が可能です。
4chMSAは本体サイズが従来よりも大きい為、取り付け場所に悩みます。
TCT搭載車輌で、1.4L 発信時の力強さをグッと増してくれます!トルク欲しい~!と言う方おすすめです。

CIMG9092 CIMG9091
レデューサはクワッドが2機装着済みですから、ノーマル車輌と比較すると軽快感はまるで別物です。
もちろん、V-UP16も装着済みです。

CIMG9100 CIMG9097
同じTCTでもこちらはアルファミトです。
上のジュリエッタと同じく、V-UP+レデューサの装着されている車輌です。
MSAの投入により、スロコンいらず?な仕上がりに驚きです。
ダウンサイジングエンジン搭載車の底力を引き出す事で、エコもスポーツもどちらも右足の操作ひとつで
コントロールが可能です。

CIMG9084 CIMG9086
アバルト500です。車輌画像ありません。。。
アバルトやミトの1.4Tはコイルに供給するハーネスレール内部に追加配線を入れる余裕が無い為
ECUに配線に直接結線を行います。
右の拡大画像は、マルチスパークを作業後に確認したものです。
この画面を確認し、当社での試運転を行い作業完了となります。

CIMG9102 CIMG9101
208GTIと206RCです。
このクラスは1.6Lと2.0です。
高速道路での追い越しが楽になる☆や、アクセル操作による追従性が大きく変わったとの声を頂いています。
付ける車輌それぞれ効果が違うのも面白いですね。

MSAは常時在庫をする様心がけていますが、取付けにはお時間が必要です。
ご予約のうえ、ご来店下さい。