イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

フィアット500 ツインエアーの整備が色々と進行中

先日スチーム洗車を行った車両の整備を開始しています。
IMG_3508
今回は10万キロを越えての車検と言うことで、ターニングポイントを通過した事もありしっかりと
メンテナンスを行います。
交換部品を整列させると、ご覧のとおり。
「ハイ!整列——–!」
IMG_3509
的を射た消耗品に高級部品も紛れています。
IMG_3514
以前に当社でクラッチ交換を施工させて頂いています。
その際にはアクチュエータの交換必要性が無かったので再使用しています。
今回も作動に問題は無いのですが、使用時間を考慮し新調することに。

車両点検において、交換推奨箇所がいくつも見つかっていました。
IMG_3515
クーラントタンクは定期交換部品です。
樹脂部品の耐久年数が短いのが最近の車の環境の中での悩みです。

IMG_3516
エンジンロワマウント、エンジンの振動の多いツインエアーはマウント交換による
振動低下の効果が非常に大きいです。
IMG_3525
IMG_3548
今回は全数のマウントを交換します。

IMG_3517
仕事量の多いアクチュエータ部です。
内部オイルは真っ黒になっています。

IMG_3519
アバルトとは異なり、隙間が大きいのが良く分かるロワアームブッシュ。
IMG_3527
カーメーカーは、グレードにより使用部品を使い分けています。
IMG_3526
使用するブッシュはモチロンオリジナル品です。
捩れ・遊びが無く、ピロボールにも負けない剛性を誇ります。
また、ゴム質が良質なため、長期間に渡りよい状態を維持します。

IMG_3528
水漏れ発生のラジエターロワホースです。

IMG_3524
サーモスタットは水温管理の重要部品です。
今回の車両のオーナー様は、長野県のお客様ですので、オーバークールで
ヒーターが効かない状況は絶対にNGです。

IMG_3569 IMG_3570
エンジンマウントを外した際の関連作業で、ベルトテンショナ2点も交換しました。
IMG_3568
最近はベアリング関連の耐久性は上がっています。
ですが今回はずいぶんとお疲れな感じになっていました。
これから増えてきそうな作業です。

IMG_3522 IMG_3523
摘出完了なアクチュエータ。
いままでお疲れ様でした!
アクチュエータの外れたミッションを上側から見ると、変速機構が良く見えます。
かしこい構造しています。

IMG_3521
ここも修正が必要です。
ブレーキラインが捩れてしまっていました。
ホースに負担がかかるので、適正角度に修正します。

しっかりと手を入れることで、車の状態が最適化され、気持ちよく走ることができます。
個別整備よりもまとめての整備が、結果的に経済的とも言えるのが車の整備です。

適材適所、最適なメニューでご案内いたします。