イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ルノー ルーテシア3&クリオ3 RS リジッドメンバー 装着!

IMG_3610
以前に告知をしていました、クリオ3リジッドメンバーです。

ようやく装着が出来ましたのでご紹介します。
IMG_3615

画像の中央部に備わるのが、今回の交換対象物である、純正のメンバーサポートです。
IMG_3817
細くて頼りない形状です。

まずは車両から取り外しまして、リジッド品に組み替えていきます。
IMG_3819 IMG_3818
重要な個所に、なぜゴムマウント?なんでゴム式を採用した!?
本当の意味を問いたいです。

この箇所、ほかの車種では全車リジッドマウントされていますから。

IMG_3820

この部分にどれだけの重量がかかっているのか?は、緩めてみるとよくわかります。
IMG_3821
上部の隙間分かりますでしょうか?

IMG_3824
これ、パーツの寸法が足らないのではなく、緩めることで出来る隙間なのです。
つまり、メンバー全体が下方へ下がっていることを意味します。
たった2本のボルトを外すだけで、自重により下に垂れ下がる。という事になります。

それだけに、しっかりとした固定が必要な部分と言えます。

全長の長いボルトで固定します。
固定する事で、先程の垂れ下がり隙間は消えます。
IMG_3825
IMG_3828
IMG_3826
下側の固定部は、ロワアームの取り付け部を兼ねています。
この部分は、締め付けた際のアーム角度を保持する箇所です。

作業時は、リフトアップ状態ですから、アシが最も伸びきった状態となります。
そのため、アーム角度も最も下がった状態です。

そのまま1G状態にすると、アームブッシュに無理な力が掛かるので、
後のアライメントを行う際にストレス抜きが必須となります。

IMG_3828
リジッドメンバー、見た目以上に相当な強度を誇ります。
純正品の強度不足が懸念される箇所だけに、すばらしい効果が期待できそうです。

変化として最も感じるのは、乗り心地に対する変化です。
装着車両は、ゴルディーニの為シャーシカップと言い、シャシスポールと比べると
一粒一粒の硬さ・コツコツ・ゴンゴンが気になる設計ですが、それらの入力が良い意味で
緩和されマイルドに変化します。

マイルドの表記に誤りが生じそうですが、これまでの純正ロッドでの連結では
余計なゆれがそこに発生していたものと解釈できます。

アシの仕事としては完結しているのに、ほかに動く部位(アソビ)が残るため
それが不快入力として残っていたのでしょう。

リジッド化により、サスの上下動はダンパーで抑制するようになります。
つまり揺れにお釣りが残らない。
リジッドカラーにも似た効果がありますが、体感効果はそれ以上に感じます。

感じられる効果はそれだけではありません。
ステアリングフィールにも良い効果が生まれています。

左右方向に振られる様な力の抑制にも効果が大きく、しっかりと固定されている事で
ステアリングホイールを作動させた分量がしっかりと路面への反応へと繋がっている
様に感じます。
遊びの無い、ダイレクトなフィーリングに近づきます。

リジッドメンバーは、ノーマルのアシに組み付けることで、ノーマルの良い所を引き立てます。
サスペンションチューニングを施した場合、ハード方向に振ることが多いですが
そういった場合は、アシの動きの完結に確実に貢献します。

もしかすると、この時のセッティングの難しさ の原因のひとつはここにあったのかもしれません。

良い足を求める場合に、改善すべき点はどんな車にも存在します。
時には、メーカーと意図に反する事が必要なケースもあります。

リジッドメンバーは、あらゆるルーテシア3&CLIO3 RS のユーザーを満足させる
パーツにりそうです。