イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ルーテシア3RS タイミングベルト またもバルブタイミングにズレ有りです

IMG_4553
現在整備を進行中のルーテシア3RSです。
何かと最近多発するこの状況。。
いったい何なのでしょう。

カムプーリには合マークが打ってありました。
IMG_4556
画像の青ペンが合いマークです。
真逆。。。?ですよね。

これが意味するのは、こういうことです。
メーカーの定めるベルト交換の際に合わせる基準点から、クランク角度で
180°異なる位置で合わせていた。という事です。

まず、1番シリンダを圧縮上死点にします。
IMG_4557

その際にSSTがカムエンドの切溝にはまるように設計されています。
IMG_4555
これが正しいセット位置です。

ところが、作業前はこのような状態に。
IMG_4553
片方のエンドに合わせると、SSTが斜めになり、もう一方に正しくセットできません。
良くないです。

確実に正規の位置で組付けを終えました。
IMG_4558

クランクプーリは、オリジナル品に交換します。
IMG_4561 (1)
ボルトにトルクと角度を記入し。
IMG_4562

最終締め付けの確認
IMG_4563
40Nm.+110° +-10°
その結果、100Nm.の力で締め付けを終えたという意味の記載です。

最後はカムエンドのキャップを取り付けます。
IMG_4568

以前はこの様にコンコン叩いて入れていたのですが、狭小スペースの為
ハンマーは上手く振れません。
IMG_4569

なので、即興で簡易ツールを作りました。
IMG_4570 IMG_4571 IMG_4572
ボルトを締めれば入る様になっています。
ラクチンです。

作業の手法は様々ですが、その時のベストを探りながら常に変化をつけています。