イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

カングーの車検整備スタートです カングーーPart.1

B4D51374-7E2F-45CC-B320-09DD9348AFEC

カングーの車検整備はスチーム洗車からスタートです。

E9F06A64-9B46-4AD0-A067-09FADE793379

F1811A7A-CAE5-4068-BF04-770CE0BEF590

エンジンルームは洗剤を塗布し

CAFA1509-AF6A-4092-BD7F-C706810778EC

しっかりとスチーム洗車です

AB9CF4F1-B5F1-4769-85F3-3E3889995A35

車をジャッキアップしたら下回りもしっかりと洗っていきます

75D59E35-1905-43FF-9839-61C321BF3713

カングーのリヤブレーキはドラムブレーキですので分解して点検です

すると問題個所の発見

A20435B2-2114-4322-BED7-A716E594799E

ホイールシリンダー内でオイル漏れをしていました。

E86D479A-17BA-4265-9DF7-1E2C56AA83E8

早期発見でしたのでホイールシリンダーの外までは漏れておらず、ライニングにまでは影響無かったのでホイールシリンダーの交換のみで済みました

ドラムブレーキを外した流れでリヤハブベアリングの交換もおこないます

C2153BAC-6EA7-4A5E-AA02-A5A7D32EFDA2

93726781-8D2E-4A17-8CD7-AA2634C99EE6

プレスに移動しハブベアリングを抜き取り交換しました。

B18951C6-B24B-41A1-ACF5-53B14A2B9182

しっかりとグリスアップも行いドラムを組付けます

BC9A928D-FFBB-472C-A4B2-E50DE851A74A

最後にブレーキフルードの交換を行いスチーム洗車完了。

引き続き整備をすすめていきます。