イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ルーテシア3RS 軽量フライホイールの作業始めました-2

IMG_7155
クリオ3の作業は順調に進行しています。今回の作業内容はクリオ&メガーヌの定番・タイロッド&タイロッドエンドの状況紹介です。トップ画像は新品の使用部品です。
左から タイロッドエンド・タイロッド・ラックブーツ・及び周辺部品 です。
ハンドリングが命な車種ですので、こういったジョイント関連は確実な状態を維持したいところです。

今回の作業車両の状況としましては、大きなガタといおう程の損傷は見られません。ですが、タイロッドが有る特定の角度になると微量ではあるもののガタが生じています。関節の様な動きをする部分ですから内部が部分的に減っている。という事になります。今回の様に大分解を行った際は単発で交換するよりも断然お値打ちな交換費用にて交換が可能なため、交換する事になりました。

よーく見るとロッドを傾けた角度にした際にコクコクと動いているのが分かりますよね。これがガタつきとなります。大きなガタに育っていく前段階ですね。

ラック内部のギヤ機構も清掃・給油を行って組み付けます。
IMG_7156