イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

PEUGEOT106は、ウォーターインレットの交換

エンジン冷却廻りの整備が、多く続いております。良く整備の行き届いたプジョー106ですが、予防整備として樹脂製ウォーターインレットをSessAオリジナルのアルミ製のウォーターインレットにて交換作業を行いました。エンジンブロック奥側に位置する部品ですので、アクセスしにくい場所の為、リフトアップが必要です。スターターモーターの脱着整備の際に行うと作業難易度は下がりそうです。

DSC_1028

ホースバンドが純正の締め切りタイプのバンドから変更されてます。以前に一度、純正部品にて交換履歴が有る様です。

DSC_1030

DSC_1031