イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ALFA147足回りセッティング

車高調整式のサスペションKIT装着の147の4輪アライメントの適正化を行いました。タイヤの摩耗や操安性も考え出来る限りの数値を探します。現状確認の試運転を行い、車の動きを確認します。タイヤが新しい割に、直進性能の?と後退時の違和感など気に成ります。

IMG_0735

IMG_0737

リヤのサスペションアライメントがステアリングに大きな影響を及ぼす事は、ドライビングをこだわる方は、どなたも承知かと思います。

調整前SDL

測定前

アライメント調整前の状況は、ダメダメ状態が数値から伺えます。足回りブッシュのストレスを除く作業をすると更に変化します。

測定後

調整後SDL

SDL診断結果の路面粘着率より、サスペションは、十分な性能を発揮している事は、診て取れます。無限に有るアライメント数値を今回は上記の様に調整、安定した走行がご提供出来たと思います。

今回の車両は、ご自身で足廻りの変更を行ったとの事で、細部の組み付け具合も入念に点検を行わせて頂きました。