イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

RENAULT MEGANE3RS(ルノーメガーヌ3RS)のブレンボキャリパーのオーバーホール

IMG_0576
FF最速レベルのメガーヌ3RSは、継続検査の車検整備でのお預かりです。モータースポーツも楽しまれるユーザー様ですので、ブレーキメンテナンスを念入りに行う事にしました。
ブレーキシステムの発する熱量が非常に大きい為、キャリパへのダメージは特に注意すべき点です。

パッド交換の為にキャリパの一部を分解すると、ダストブーツへの熱害によりラバーが溶けていましたので、今回はキャリパオーバーホールも行う事にしました。
IMG_0577

ブレーキキャリパを取り外し、内部のピストン・ダストブーツ・シールを分解します。
IMG_0579
IMG_0580
右側の黒い物が、破断したダストブーツです。熱により硬化している為非常にモロくなっています。
ダストブーツの破断は、ピストン内部への粉塵混入が懸念されますので早めに気付けて良かったです。

新品のリペアパーツを用意し、組み換えを行います。
IMG_0584
ブレンボキャリパは、外観上からは同じキャリパに見えても、ピストンサイズが車により異なります。しっかりと考えて組付けられている事がよく分かります。

IMG_0585
リビルトを終えたブレンボキャリパ

IMG_0586
車両側に組付け、エア抜きを行います。

その後、ブレーキラインを加圧状態で一晩置きます。
IMG_0588
ブレーキシステムからのオイル漏れが無いかを確認するためです。

ブレンボキャリパのメンテナンスは、パーツの供給状態が悪く、困難に思われがちですが当社の在庫しているリペアパーツでサイズが合えば作業は可能です。

Written by Hashimoto