イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

サスペション不良を見逃しません

ここの所、入庫の多いルノースポール車、現状把握の試運転の際、サスペションから伝わるインフォメーションに違和感を感じました。早々、SDL診断を行い、左右差の有るサスペション診断結果が分かりました。2本のラインに相違が有ります。タイヤの空気圧の左右差も考えられますが、空気圧測定に問題有りませんでした。

S__13852683

S__13852691

左フロントショックの動きが本来で有りません。

ショック不良が頭をよぎりましたが、フロントカウルパネル廻りを分解、ストラットマウントを露出させSDLにて振動を与えた所、マウント不良が判明しました。

左フロントストラットマウント 不良な動き

右フロントストラットマウント 正常な動き

走行距離7万キロ程ですが、ストラットマウント交換をご案内させて頂きます。