イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

FIAT500のクーラント漏れ

フィアット500にお乗りのお客様がクーラントが漏れてきているという事で来店されました

644C758F-0015-436E-9A8A-4E72AD135785

6D61A559-C397-4338-9DE4-B2C16FBE5526

見てみるとクーラントタンクの成型の継ぎ目より少しずつですが漏れだしてきていました

この症例は500ではよくあることで、交換部品は常に在庫しています。

すぐに交換作業にかかったですが、取り付けられているホースバンドが純正ではないことが気になり確認してみると、

以前にディーラーにて同様のクーラント漏れでタンクの交換を行っているとのことで、今回で2度目の交換でした。

このところ多く目にする樹脂パーツの耐久性の低さにはがっかりさせられます。

C396A1FD-A0F1-4982-90A6-5CB1C3EA568D

冷却水は数か月前に交換済みでしたのでクーラントチェンジャーで再利用し作業完了です。

樹脂パーツの耐久性の低下はすべてのメーカーに起きている症例です、新車から数年経ち未だ交換した覚えがないとう方はトラブル防止の意味も含め早めの予防交換をオススメします。