イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

カングー1 メンテナンス グラグラの修理 カングーーPart.2

DSC_8537
最近、新しい事に手を出していまして。
なんでこんなトップ画?ってなりますよね。
ええ。一眼レフっていうカメラを買いました。ニコンっていうメーカーです。
これまでは近寄らないようにしていたジャンルだったのですが、気になる世界ではあり。。。

まあ、楽器も弾けるし、やれば何でも出来る?んだからカメラなんて余裕っしょ!と手を出してみたものの。。
これまでの趣味で最も苦労しています。

答えが無い世界の難しさ!早くも挫折しそうです。

先日スチーム洗車を行ったカングーは、足回りに色々と不具合が見つかりまして。
その辺りを中心に進めています。
4620693218516944074.612BB79D461D07D9C0FD1016A796A47A.19051610
今回の不具合は、タイロッド・タイロッドエンド・ロワボルジョイントです。
どれも距離を重ねれば、劣化の進む箇所です。

タイロッドは、いつものクタクタ具合です。

こうなると、ステアリングの遊び増大・シャープさの欠損・ハンドルが取られる・異音の発生。
といった症状が確認できるようになります。

カングーという性格の車の場合、ステアリングフィーリングを非常に緩く・アンダーステア傾向に作っていますので
そこまで極端に体感できる症状ではありませんが、ガタはいけません。

これが新品に復活すると。

ビシッと角度を保持します。
こうなれば安心です。あえての緩さは性格ですが、至っての緩さは消耗です。

ユルユルだったボールジョイントも新品に組み替えます。
4620693218516944074.4AAA57042FF19C1C2A6B0E3B6A5D5278.19051610
関節的に動く箇所が少ない車だけに、一箇所一箇所に掛かる負担は増えてきます。
それ故に、劣化が進むと覿面な劣化も確認できてしまいます。

サスペンションパーツの良否判定は、簡単なようで意外と難しく、サラッとみただけでは見落としてしまう事も多々あります。
だからこそ、定期的な点検作業が車には必要なのです。

明日以降はカングーのタイミングベルトや、その際に修理できるオイル漏れも手を入れていきます。