イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

106S16中古車整備はクラッチ&フライホイールから開始

快適に乗る為に欠かせない整備・交換部品のひとつにクラッチ廻りが浮かびます。
クラッチが新品に組み換わることで、クラッチペダルの操作力がスムーズになり
快適な運転を行えます。

今回、中古車を仕上るに当たり、作業効率を考慮し先ずはクラッチ系統の作業から
着手する事となりました。

トランスミッションを取り外すにあたり、分解点数は多いです。
分解~組み付けの際に、交換が必要な物は随時追加で作業を進行します。
RIMG0457 RIMG0456
RIMG0453 RIMG0454
ディスクの消耗から、反り立ち気味のクラッチカバーが確認できます。
また、レリーズベアリングの当たる箇所は金属同士の擦れ合いで磨耗しています。
降ろしたてのトランスミッションは埃や油による汚れが確認できます。

現在のところオイル漏れは有りませんが、クランクシールは交換です。
RIMG0458 RIMG0459

当社のロングセラー商品、ライトウェイトフライホイール+クラッチキットを組み付けます。
RIMG0460 RIMG0461
お客様との打ち合わせの際に、当社のレンタカー106をご試乗いただき、フライホイールの
効果を体感していただきました。
その結果、今回の組み付けとなりました。

106の経年持病のひとつ、シフトセレクタレバーのガタツキは例に漏れず発生しています。
RIMG0462 RIMG0463
画像からの判断は難しいですが、レバー先端を指先で軽く押すとガタの分左右にカタカタと
振れます。この先にセレクションリンクなどが装着され、ガタの量は増量し、室内のシフトレバー
へと伝達されます。
シフトレバーを左右に振った際に、やたらと大きく動いてしまう場合、ここが原因である事が多いです。
RIMG0464
このピンが痩せてくるのですね。

ピンを抜き取ると、レバーが外れます。
レバーが外れると、内部にはシールが打ち込まれています。
RIMG0466 RIMG0467 RIMG0468

抜いたピンの新旧比較。
対策形状のピンを取り付けます。
RIMG0469
向かって左側のピンが対作品です。

トランスミッションのフロントシールは、レリーズベアリングのガイドを兼ねています。
こういった箇所の動きを良い状態にして組み付けると、クラッチペダルの踏力に変化が出ます。
RIMG0465 RIMG0472

クラッチのケーブルや、下側のマウント、セルモータも交換します。
RIMG0474 RIMG0473
RIMG0481
セルモータは、突然動かなくなるケースが多い為、予防交換です。
バッテリの突然死と同じく、予想ができません。

組み付け前のトランスミッションは、綺麗に洗浄を行い、各部にネジの潤滑を行い搭載します。
RIMG0470

オイルは、オリジナルブランド SessA70W-80SSを用います。
FF車専用に開発した、当社のスタンダード・ミッションオイルです。
こちらは、オープンデフ用ですが、LSD対応のタイプもあります。
RIMG0534

クラッチの交換作業と言えども、この時で無ければ交換出来ないもの、この時に交換すれば
作業費用が込みで行える物、など色々ですね。

引き続き、作業は続きます。