リジカラの組み方が。。間違い?


クラッチオーバーホール作業のため、各部の分解を進行中のアルファロメオ147です。サブフレームを取り外した際に修正が必要な場面に出会いました。
この147にはリジカラが装着されていたのですが、装着方法と装着位置が本来とは異なっていました。アルファ系のサブフレームとボディとの隙間には標準で薄い金属板が挟み込まれています。
リジカラを装着する際は、このプレートを取り外すのが正解です。

降ろしたトランスミッションは、エンジンからのオイル漏れも有り、黒ずみが酷い状態です。

キレイに洗浄を行い、組み付けの準備を行います。

走行距離はそれほど多くは有りませんが、クラッチカバーダイヤフラムのセンターは、消耗の痕跡も確認出来ます。


ピカピカになったトランスミッション。キレイに洗浄を行う事は、作業を進める中で重要な内容の1つです。

手を施した箇所は、出来る限り良い状態にして、復帰したいですからね。

引き続き作業を進めます。

Written by Hashimoto