イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ルノーカングーの必須作業

IMG_2215
本日のカングーは、エアコンガスを回収するところから開始しました。
IMG_2214
回収量319グラム、結構減っています。

クラッチやサスペンション関連の組替えを終え、続いてはオルタネータプーリの交換へと移ります。
カングーに標準装着されるオルタネータのプーリは、ダンパー機構の備わる構造の物が
装着されていて、その構造が劣化により壊れてしまう事が多いのが難点です。

何年も前に複数台のプーリを交換しているのですが、まだ未交換の状態であったのが
今回のカングーです。
オルタネータを外す為に、エアコンガスを回収し、パワステ廻りを分解し、
ようやく外れてくるのです。
IMG_2220
こちらがダンパー構造のプーリです。
IMG_2222
専用工具でプーリを取り外します。

同じ物に交換するのでは無く、異なる構造のプーリに交換します。
IMG_2223
ダンパーでは無く、ワンウェイ構造を持つクラッチ付のプーリに変更します。
IMG_2224
理にかなった仕組みです。

オルタネータ廻りが分解され、見晴らしが良くなったので、装着状態では窮屈で
交換のし辛いリブベルトテンショナのベアリングと、アイドラーベアリングもこの際に
交換しておきます。
IMG_2216 IMG_2219
ちなみに、フル装備した状態ですと、本当に交換しづらくて大変な箇所です。

今回の作業では、エンジンマウント3点共全て交換を行っています。
見た目で最もよく分かるのは、やはりエンジンのメインマウントです。
IMG_2226
マウントの中では、最も重いエンジンを支える事になりますので、潰れ方が激しいです。
IMG_2227
こちらが新品のマウント

IMG_2228
そしてこちらは、交換したマウントです。
潰れ具合がよく分かります。

IMG_2230
各部の組み付けを行い、引き続き作業を進めます。

Written by Hashimoto