イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

大切な代車 206SW 整備しました

2014/06/02 | 何気ない作業風景

働き者な代車の中の1台、206SWを整備しました。
当社管理の代車は、出掛けては 帰ってきて、すぐさま出掛けるというハードスケジュールな為
普段の整備を行う隙がほとんどありません。

さすがにクラッチがヘタっていては、使う側のお客様も不安ですので、クラッチ交換を行いました。

CIMG8937 CIMG8935
代車といえどもライトウェイトフライホイールが装着済みです!

CIMG8934 CIMG8933
クラッチディスクの厚さ比較
外したディスク:6.2mm
新たに装着するディスク:7.8mm
その差:1.6mm!これだけ減ったらもうクラッチは終わりです。
ブレーキパッドと違い、元々の厚さが薄いので半クラを多用する場合は要注意です!

CIMG8938 CIMG8939
間もなく16万キロを迎える代車号、これからも頑張って下さい!
国産車の業界ですと、10万キロが買い換えの目安の様ですね。
欧州車はそこが大きく違います!メンテナンス次第では、どれだけでも乗れます。
基本的な機関廻りが凄く強いですから、オイル管理・消耗品の交換を行い、20万キロはきっちりと
達成できるのがヨーロッパ車の良いところです。

当社の代車勢は、それを立証する良い子達がそろっています。

代車ですが、TPチェッカーも装備済みです。
お使いになられた方なら、この機能の優位性を強く実感するはずです。