スパークプラグの消耗が激しい!

IMG_3432
タイミングベルトの交換の際に、スパークプラグを外してビックリ!めっちゃくちゃスパークプラグが減っていました。スパークプラグの性能差がエンジンのコンディションに直結すると言っても過言ではないのがこのエンジンです。
どんな車も点火の力が重要なのは言うまでも無いのですが、ルノースポール系のエンジンは特にそれが好調にも不調にも影響をあたえます。

IMG_3448
IMG_3450
新旧のプラグを並べてみました。ギャップの違いが眼で見て分かるくらいに減っています。
ギャップゲージで確認を行うと。
IMG_3452
IMG_3451
IMG_3453
旧プラグはギャップが1.3mmまで広がっています。

IMG_3454
新プラグは0.8mmです。その差0.5mmめちゃくちゃでかいです。この差は。

プラグギャップは、点火を取り巻く環境が正常であれば広ければ広い方が強い火花が飛びます。
ですが、高圧縮環境では火花が飛び辛くなるために、正常着火可能なギリギリのところが最もベストなギャップとなります。

新品のスパークプラグは、若干マージンを設けたギャップ調整済みという事になります。

エンジン不調を発生する前に交換出来て良かったです。

Written by Hashimoto