エンジン不始動のRCZは デリバリーポンプ交換

エンジン始動出来ないとの事で、レッカー出動入庫、エンジン不始動の原因追及から行いました。燃圧測定にて燃料タンク内のデリバリーポンプが作動が不作動です。
レスキューポンプで始動に成功、部品到着まで車両移動を行いました。

早々届いたポンプの交換を行います。燃料タンクを外す作業が必要な為、殆ど満タン状態の燃料を抜き取りタンクを降ろします。

車両から降ろしたフューエルタンクを洗浄、ポンプ交換を行います。

ポンプ取り付けキャップの位置関係も重要の様です。使用過程のタンクへのキャップの組み付けは少しコツが入りますね。

新規ポンプを組み付け、気密テストを行い、車両に装着です。