イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

夏メンテの定番~106水廻り整備~

FIATの水廻りパーツに続いては、106の水廻りメンテナンスです。
発売開始以来、ご好評をいただいています当社のオリジナルパーツ@クーリング関係ですが
106用は気付けば沢山揃いましたね。
今回はそれらのパーツを全て使用して、夏を安全に乗り切るメンテナンスを行いました。
CIMG9384
今回の交換部品は以下の内容です。
サーモスタットハウジング→アルミ・サーモスタットハウジング
ラジエタアアッパーホース→シリコン・アッパーホース
ウォーターインレト→アルミ・ウォータインレット
サーモスタト→純正品
106のサーモハウジング破損~レッカー入庫は夏の定番ですね。
未だ未交換の方は本当に要注意ですので!

CIMG9382 CIMG1868
ウォータインレットはかなり目視確認がしづらいです。エンジンブロック裏側にひっそりと装着されています。
アッパー側は見ればすぐに目に入りますね。

CIMG9380 CIMG9381
今回は、車検整備で入庫しています黄色い106です。
ついでに MSA の装着もご依頼いただきました。

当106は、過去の工場通信でもご紹介させて頂いた1台です。
その時の記事はコチラをご覧下さい。