プジョー106S16 クラッチと同時に色々と施工


プジョー106S16は、継続検査の車検整備と合せて各部の整備のご依頼を頂きました。
当社では始めてお預かりさせて頂く車両です。

リフト上にて行う作業の際に用いる部品はご覧の様な内容です。

クラッチ系統の整備
ブレーキ系統の整備
エンジン冷却系統の整備
電装系スタータモータの交換
これらの作業は一連の流れで進めていきます。

コンディションが良く、走行距離も少ない106です。
それでも気になる所は豊富にありますので、段取り良く進めていきます。

ひとまずトランスミッションを降ろすところから作業を開始します。

クラッチカバー・ダイヤフラムは随分と減っていました。

この部分の消耗は、よく見られます。
クラッチ操作の際には、ベアリングを介してココを押し込むかたちでクラッチの凝結を行います。

今回は、純正フライホイールを清掃し、再使用します。
点火タイミングの補正調整もこの際にセットアップする事が可能ですので、施しておきました。


セルモータ・ノックセンサー・ウォータインレット
これらの部品は、トランスミッションの不在状態では快適に作業が行えます。

各部の組み付けを進め、この後はステージ1メンテナンスも進めていきます。

Written by Hashimoto