206XS 足廻り異音の原因は


法定点検でお預かりしている プジョー206です。
点検の際に行う試運転で感じたのは、段差を越える際などに発生するコトコト音。

調べて見ると、スタビライザーバーと、ショックアブソーバを繋ぐロッドの末端の関節部にガタが発生し、音に繋がっていました。


関節を覆うダストブーツに破れが生じていました。おそらくここから水分が入り、内部劣化を進行させたのでしょう。

車には様々な部品がありますので、それらのどれかが不具合を発生すると何かしらのサインを投げかけてきます。
的確に見つけることの出来る物もあれば、そうで無い物もあり、原因追及に迷宮入りする事も多々有ります。

Written by Hashimoto