永年連れ添ったシートのヘタリ リペアもお任せ下さい


シートヘタリは、永年使用すれば必ず訪れます。
表皮の破れもそうですが、気になるのは座り心地。
内部のウレタンがへたれば、座り込むとお尻が沈み込み長距離での疲労感に繋がります。
ウレタンのみならず、シート裏に配置されたスプングにはメーカーとグレードにより方式は様々で、そこもヘタリが生じます。

今回は、カングーのシートリペアを行いました。
乗り降りの際に負担のかかる、シートサイドの立ち上がり部分は、明らかなヘタリがありましたが、内部のリペアで完治しました。

また、沈み込みが大きくなっていましたのでシート裏の補強を行う事で改善。
更には、スプリング機構の補修・補強も行い、張りのあるシートに戻りました。


間もなく18万キロですが、シートが戻り、新鮮な気持ちで乗り続けて頂けると思います。

Written by Hashimoto