レアなチンクを仕上げて行きます-3
パールホワイト ツインエアー 左ハンドル AT


本来はここまで分解する必要も無いのですが、どうせやるなら色々と施工したいのでフロントセクションを取り外しました。

インタークーラを見ていると、角の部分にオイルの付着が見つかりました。
付近にオイルが吹き出す場所はありません。もしかすると、インタークーラの気密不足が発生しているかも?という疑いを持ちました。
フルブースト時に限り、ここから過給圧漏れを起こしているかもしれません。

見晴らしが爽快になりました。
この際に行える事が多く有りそうです。


トランスミッションを取り外し、クラッチ交換を行います。

クランクシャフトシールも交換です。漏れていませんが。

サーモスタットもこの際に交換します。
未だ未交換ですので、丁度良いタイミングでした。アッパーホースからは水漏れが若干確認出来ます。

純正パーツでは供給の無い、ワンタッチカプラも独自ルートで入手していますので交換可能です。
樹脂パーツですので、劣化破損が懸念される部分です。

サーモスタットの下側に位置するウォータホースのバンドが外れかけているのを見つけました。

ステンレスのホースバンドに変更しておきます。

デュアロジックのアクチュエータも安心の為に何かしらの対策を行おうかと現在思案中です。
至れり尽くせりなツインエアーチンクが仕上がりそうです。

Written by Hashimoto