ABARTH595にステージ1メンテナンス施工

鮮やかなボディーカラーに下がった車高、OZホイールが素敵なアバルト595にステージ1メンテナンスの施工をおこないました。

アバルト500がデビューした頃から基本的に変化の無いバッテリーターミナルは貧弱でありステージ1メンテナンスの施工のし甲斐があります。

プラスターミナルは接触面積が少なく

マイナスターミナルはクイックリリースタイプとなっておりバッテリーポストへの締め付けも弱く電圧ロスの原因となりますのでプラスとマイナスの両方のバッテリーターミナルは交換しました。

プラスターミナルにはオルタネーターからのダイレクトケーブルの追加。

マイナス側はボディとエンジンへのメインアースケーブルを2本追加しました。

 

施工中はバッテリーを外し作業していましたのでバッテリーチャージャーで補充電しておきます。

ステージ1施工完了です。

ステージ1施工前は電気負荷時に12.83Vまで低下していたバッテリー端子間電圧は

施工後は14.17Vまで引き上げることが出来、安心して乗っていただける充電回りへと改善させることが出来ました。