アバルト595 エンジンマウント不具合と思いきや
原因はステアリング機構の不具合でした


トラクションの入力に合わせて「ゴンゴン」と鈍い嫌な音を発していたのは、アバルト595MTAです。
音の発生周期からして間違いなくエンジンマウントのどれか、推測ではロワマウントであろうと思っていたのですが、実際の所はステアリング機構の大きなガタから伝達される音でした。

部品が国内では欠品していた為、海外より取り寄せを行いまして作業を行います。
どこに位置する部品かと言うと。この部分ですね。

ステアリングラックから生える「タイロッド」にガタつきが発生しています。

ラックブーツを外すと、タイロッドの関節部分が確認できるのですが、ご覧の通り錆が発生し酷い状態になっていました。
内部グリスが枯渇し、潤滑力を完全に失ったことで摺動抵抗が増え金属消耗が進行したと考えられます。



新旧の部品 タイロッドの比較です。

タイロッドのガタにしては、異常に大きな振動を感じていましたが、ここまで状態が悪くなっていれば仕方ないですね。

交換作業を行い、4輪トータルアライメントの測定・調整を行い仕上げとなります。

Written by Hashimoto