イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

SessAスフェリカルアッパー 装着後のインプレッションが届きました

お客様から感想文を頂きましたので、掲載の許可をいただき、紹介させていただきます。
CIMG0080 CIMG0081
今回は、同形状のサスペンションを備えた兄弟車 ランチアイプシロンのお客様に装着させていただきました。

CIMG0078 CIMG0077

BILSTEIN B6ダンパーとノーマルスプリングの組み合わせに、TYPE.N-Iを組み付けました。

以下お客様から頂いた文章を引用させて頂きます。

「仕様変更して少し走ってみての感想などをいくつか。

車高も これまでと全く同じで外観的には何も変わっていない。
しかし中身的にはユルユルだったのがビシッと一本スジの通った別物に生まれ変わった感じ。
おかげで細かく荒れた舗装を横切ったりした際の不快な揺すぶられ感が激減。

さらに今までアクセル踏んでも反応が鈍かった 微速で発進しながら曲がって行くような状況では
顕著に違いがあり、わずかでも踏んだ分だけ前に進む感じになりイメージしたラインを綺麗にトレース出来るようになっている。
ツキの良さが、これほど明確に体感出来るとは予想外だった。

つまりは、いろんな外的入力を足元が一旦吸収してから返しているため曖昧さが増幅された
妙な乗り味に変化してしまっているということだろう。
なので、いくらエンジンだけスポーツカーライクになっても、入力が自分の感覚からズレて違う
カタチになってフィードバックされ出力されるので、クルマと対話しながら走るようなことが出来なかった訳だな。

2年以上掛かって、今回初めてビルシュタイン本来の良さが体感出来たかも。加えてリジカラ効果もね。
このクルマ買って以来、ずっと抱えてたモヤモヤ感が見事にスッキリ取れたってのは画期的なこと。

いよいよ これから雪道をガンガン走る訳で、このタイミングで理想の仕上がりに持って行けたのは本当にありがたい。
路面粘着率が上がったということは、雪道でのトラクションロスによる空転の減少という意味合いにもなるわけで、
思わぬ波及効果にも ただただ感謝です。(^ー^)」

嬉しいコメントを頂戴しました。
文中でも触れているように、スフェリカルアッパー装着による、路面粘着率の向上についてご紹介しましょう。
装着前 装着後
左:ノーマルマント 右:SessAスフェリカル・アッパー
当社のサスペンションテスト(BOSCH SDLテスト)により、グラフ上での変化を確認しました。
(組み付け後のサイドスリップ値が大きいのはアライメント施工前の為)

これは結果としては非常に嬉しいことです。
ショックを変えた・タイヤを交換した、など大きな部分の変更があった場合はグラフ上に変化が現れます。
ところが、今回のように純正のマウントからスフェリカルアッパーに交換を行った場合にも、手応えのある変化が。

周波数の周期の速い段階での粘着率の落ち込みを、高いレベルで推移しています。
これが何を意味するか?
「跳ねない・ドタバタしない」という解釈が正解。
さらに言えば、速度の速い領域でのロードホールディング性能が格段に上がっている。
フローティング形状のノーマルマウントは、固定位置が定まっていない為、段差などで暴れているということです。

ステアリングを切った際のアライメント変化を誘発するのは勿論のこと、舵角一定のつもりが、
一定には保てていないのが、ノーマルに対して言える事になります。
純正のマウントの場合、静的アライメントは正常であっても、ひとたび動き出せば路面状況・ステアリング角度など
あらゆる入力に対してキャンバー・キャスタ・トー値が乱れるという事が分かりました。

上の2枚のグラフを重ねてみました。
重ねて比較
高周波域でのタイヤの路面への粘着率が向上しています。

ロードホールディング性能を高める SessAスフェリカルアッパー お薦めです!

ノーマルサスペンションの方にも、BILSTEIN B4 を組んでいる方にも、SACHSダンパーの方にも、
MONROEの方にも、更には、車高調整式サスペンションの方にも、サスペンションのアップグレードパーツ
として幅広くご利用頂きたい逸品となりました!