イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

プジョー308に [BILSTEIN BSS kit] の取り付けです

今回はプジョー308に BILSTEIN B14(BSSkit)を取り付けましたのでご紹介です。
CIMG0693
ご注文を頂いてからの納期が永かったです。
お待たせしてすみません。
こちらがキットの全貌です。
コンフォートな車に車高調整パーツを組み付ける
この感じが私は好きです乗り心地の変化が楽しみです

CIMG0704CIMG0708
純正のストラット部です。
色気の無いパーツです。
ここに見た目と乗り心地を激変させるパーツ
を組み込みます。アッパーマウントは異音発生
の代表箇所ですので必ず交換したいですね。

CIMG0713スマートで、スポーティなパーツのインストールが
完了しました。
車高の調整幅に余裕のある構造です。
組み付け時、スプリングに余分なテンションを
必要としていませんので、乗り心地の良さそうな
仕上がりに今から期待できる仕上がりです。
ダウンサスの組み付けですと、補正ができませんからね。
そこは、アジャスタブル機構の一番の魅力だと思います。
乗り心地の変化はバネレートの変更で調整も可能です

CIMG0695CIMG0702
リヤも華やかになりました。
組み込むと確認出来ませんが、リヤもアジャスタブル機構を備えています。
これにより、前後の絶妙なバランスを織り成す事が可能です。

CIMG0717CIMG0715
CIMG0720CIMG0721
仕上げに4輪トータルアライメントの施工します。
この作業無くしては、良いパーツも活きませんからね。
リヤ側の調整もしっかり行ないます。
beforesfter
4輪アライメントの結果です。
フロントのキャスター値の左右差は残るものの、全体的に見てかなり良い数値になりました
車高の変化に合わせて、誘発してしまう「リヤ・トー値」ここに関しても良い結果をご用意できました。
最近の車は、リヤ側のトー・値が過剰に多い車輌が多いのは事実です。
しかしながら、燃費・タイヤの長寿命・ステアリングレスポンス これらを向上させる為には
数値の適正化が必要であると考えます

この308の場合、新車を当社で販売させて頂きました車輌ですので、新車時に
4輪アライメントを施工しています。

その際に、リヤのトー値に関しては適正化しているのですが、今回の足回り変更に伴い
必然的に数値の変化が発生した為、再度補正を行ないました。

IMG_0005IMG_0004
続いては、BOSCH SDLテスト!
左が作業前  右が作業後です。

目で見て分かる乗り味の違い!そして新品ダンパーの機能の判定が可能です。
前後共に路面粘着率(縦軸)が向上していますね
高速道路での巡航中、吸い付くフィーリングに激変しています。

路面粘着率が高い=路面への追従性が高い という解釈です。
あらゆる路面状況において、タイヤの接地感を感じるアシになりました。

beforeafter
ローダウンレベルも程良いですよね。
ご家族を乗せて走る実用性の高いセッティングだと思います。

CIMG0730腰高な印象の強かった308ですが、非常にまとまりの良いバランスに仕上がりました。乗って良し見て良し207よりも車幅がありますので、wide&Lowな印象です。
サスペンションの変更に関するご相談お待ちしています。