ベルランゴ・リフターのLEDコンバージョン作業
PWM制御の簡単な見分け方をご紹介


新車整備としてのお預かりをさせて頂いたのは、新車の納車直後にディーラから当社へお預けにご来店を頂いた 「シトロエン ベルランゴ サーフエディション by リップカール」です。

欲しい!と言っても直ぐお望みの新車を買えない。そんなご時世にベルランゴの新車を手に入れられたのはとてもラッキーなお客様だと思います。

私が担当をさせて頂くのは、ヘッドライトのLEDコンバージョンです。
ベルランゴ・リフターに標準装着されているヘッドライトは、昔ながらのハロゲンバルブです。
ほんわかと暖かい色味で、癒やされます。全天候にまんべんなく照射が確保出来るのはハロゲンの強みでもありますが、いかんせん若干暗さを感じるのは仕方無いです。

効率よく路面を照射し、明るさと見やすさをアップするには、LEDヘッドライトバルブがお勧めです。
今回使用するLEDバルブはBREX製です。消費電力はLEDバルブの中では高い部類に入りますが、それだけ明るいです!という事ですね。

LEDコンバージョンや、HIDコンバージョンの話をする際に度々登場する言葉に「PWM制御」があります。
リフターやベルランゴにもその制御が採用されていまして、HID・LEDどちらを選択する場合にもPWMを回避し、通常電源へとコンバージョンする必要があります。

PWM制御をオシロスコープに表示した様子です。電源のオンとオフを断続的に繰り返す制御です。

PWM制御車にHIDを装着すると、高速でHIDが点滅を繰り返します。LEDバルブの場合は、発光量が若干ですが低下(減光)する事になりますかね。

どんな問題が起きるものかは分かりませんが、PWM→DCコンバータ回路を組み込んで、取り付けています。
PWM→DCコンバータ回路 ← SessA LED + という製品として、社内取付限定で開発・商品化をしました。

SessA LED+の結線方法は、リレー回路と同じくです。電源線に割り込ませる形で取り付けます。
リフターの場合、ヘッドライトカプラの配線オレンジが左のロービーム 黒色が右のロービームです。

そのPWMについて。
オシロスコープは無くとも、皆様がお持ちのある物を使う事で PWMなのかどうかを判別出来る方法があります。
「それは、スマホです。」
エンジン始動中の、ロービームを点灯している際にカメラをライトに向けて下さい。うまくピントが合う位置であれば、PWMの制御が画像に写ります。
PWM制御をカメラに納めました。ご覧下さい。(ホラーでは無いのでご安心を)

撮影した内容は
エンジンオフ時にロービームを点灯→エンジン始動→数秒後にPWM制御スタート
という順番です。
PWM制御のスタートに合わせて、画面に縦縞のノイズの様なものが映し出されます。これがLEDの点灯にPWMが介入している様子です。

ちなみに、一眼レフではPWMを捉える事は出来ませんでした。

とても速い周期での断続的なON/OFFですので、肉眼では判別がつきませんがこんな方法で確認が可能です。
皆様もご自身でLEDバルブを取り付けられた方は一度ご確認ください。

ただ、PWMにLEDバルブは絶対ダメと言っている訳ではありません。
直流電源にしてあげた方が良いだろうな~という事です。

SessA LED+を結線し、LEDコンバージョンが完了しました。

リフターの際に痛感した、ハイビーム側もLEDにしておきました。


片側のスモールライトが、不灯ですがこれもPWMです。撮影するタイミングでうまく映らなかった様です。切れているわけではございません。。

先程、PWM+LED=減光みたいな事を言いましたが、デイライトは明るくなったり、少し暗くなったりと条件に合わせて発光に変化が現れますよね。
これはPWM周期により制御されている為です。
LEDは電圧では明るさは変わらず、通電時間によりコントロールする。と言う事です。
逆にハロゲンは電圧を変えれば、明るくなったり・暗くなったりします。

最適な環境で、良い部品の性能を発揮できる事を、あらゆる分野において探求しています。

Written by Hashimoto

関連記事