イプシロンは各部整備の進行中


エアコンガス漏れ修理から始まったイプシロンのリフレッシュメンテナンスです。
数あるエアコンシールの種類から、適正なシールリングを発注し、届き次第組み付けを行います。
先ずは、ブレーキ関連のメンテナンスから始めたいと思います。

ブレーキディスクロータが消耗していて、交換を行う事は決まっています。
サクッと交換すれば良いのですが、その前に。
新型テスターを使ってみたいと思います。

その名も「TEXA LASER EXAMINER」レーザーエグザミナです。
こちらのテスタは、先日ご紹介しました導入したてホヤホヤのテスタです。

レーザー光線により、ディスクロータとタイヤトレッドの面測定を行い、ディスクの摩耗値とタイヤの摩耗値を測定する事が可能です。
それらのデータを数値&グラフ化し、良否判定します。その結果は、分かりやすくレポート出力する事が出来る。という内容です。


結果は、1.2mmの消耗があり、要交換である事が画面上で一目瞭然です。

素早く測定し、確実な結果のご提示を可能とするツールです。

使用するブレーキパーツはコチラ。
NEWブレーキディスクロータ+SessAブレーキパッドの最強コンビです。

これにより、今後のブレーキランニングコストをグンっと抑える事が可能です。

ディスクロータ取付面の清掃を行います。

キャリパブラケットは、清掃により金属の質感を活かした仕上がりに整える事が出来ました。
これは、汚れの状態によっては不可能な場合もあり、施工してみなければ分からない事と言えます。

キャリパーシリンダ側は、今回は取り外しを行っていないため、ブラスト処理を行う事は出来ず。
ですがサラッと化粧直しを行いました。

せっかくの低ダストブレーキ化ですので、ホイールが汚れないだけでなく、ホイールの間から覗くブレーキパーツも綺麗な状態を維持したい。という気持ちで取り組みました。

引き続き作業を進めます。
Written by Hashimoto

関連記事