イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ルーテシアⅢRSの足回り整備

高性能なエンジン性能に合わせて高い次元のシャーシ剛性や足回りが売りのルーテシアⅢRSも走行距離が増えた車輌が多くなりました。冬の凍結防止剤が撒かれた地域の車輌の足回り整備を行っております。ステアリングを切った際の違和感がそもそもの始まり、各部の点検の結果フロントサスペション、ダブルアクスル・ストラット廻りの不具合です。左右の足回りが同様に錆に塗れた状況です。

1 2

3 5ダブルアクスル・ストラット最先端なコストの掛かったサスペンションの為、高価な部品ですが、ナックルASSYとフロントハブベアリング、ジョイントロッドなど全てを交換します。

6   4

Bremboキャリパーのパッドピンも錆びて抜けなく成る前にグリス給油でメンテを行い、最終調整の4輪アライメントを行い本来の性能を取り戻します。

ルーテシア3・クリオ3 RSも新しい車と思っていましたが、年数経過と距離を重ねた個体も増えてきました。
足回りの整備や、タイミングベルト及び、当社のお薦めメンテナンスなどご相談お待ちしています。
以前に取り上げた同様な内容の工場通信もご覧下さい。→ルーテシア3RS足回りの異音について