イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

「めぢから」を復活させます!

Fiat500のヘッドライトの表面修理を行いました。

IMGP1839IMGP1842

輸入車のヘッドライトは紫外線に弱く、露天に駐車している車両などは、

すぐにヘッドライトのクリアが劣化してしまいます。
ヘッドライトの光度が落ちるのはもちろん、見た目にもしょんぼりしてしまいますよね。

いろいろ試行錯誤してみた結果…

IMGP1870CIMG3824

表面を研磨してクリア塗装を施す、というのが一番効果的という結論になりました…見てくださいよこの輝きを!
磨くだけでもツヤは取り戻すことができますが、表面が劣化してしまうとまた同じことに…

中途半端な処置では二度手間、三度手間になってしまいます。

コーティングではなく「塗装」というのがミソです。
コストはかかりますが、新品のヘッドライトを買うことに比べるとリーズナブルと言えますし、
長期に渡る効果が得られるということで、こちらの方法をオススメさせていただきます。
キリっとした「めぢから」でクルマを引き締めましょう!

リクエストによってはこんなこともできますよ~♪