イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

106S16中古車整備 タイミングベルト廻りの整備

中古車販売=タイミングベルト交換というイメージが定着していますね。
ブレーキパッドもそのうちのひとつの様に思えます。
確かに、タイミングベルトはエンジンの命綱ですから、交換していないよりは
交換している個体を望む気持ちも分かります。

大切なのは正しく組み替えてあるかどうか。だと思います。
当社では取り扱い車種の全てのSSTを揃えています。
プジョー・シトロエン・ルノー・アルファロメオ・フィアット・ランチア それら全車種・全エンジンに対応
するSSTは膨大な数に及びます。

エンジン性能を活かすも・殺すもバルブタイミングの適正化は非常に重要な要素だからこそ
ツールの重要度は侮れません。

106の場合、大げさなSSTは不必要ですが、基本をしっかりと抑える必要があります。

こちらは交換前のタイミングベルトの様子です。
カムプーリーには前回の交換時に付けたであろうマーキングが確認できます。
マーキングは悪い事ではありませんが、アジャスタブルプーリのボルトを緩めた形跡が
無いことが気になります。
106S16のエンジンは、カムシャフトのプロフィールが純正でありながら若干高回転向き
なセッティングとなっています。
それが故に、カムプーリのアジャスタを緩め、プーリ間のベルトの弛みを調整時にとる必要が
あります。
その作業を怠ると、弛みが原因による妙な異音を発する事になります。
RIMG0489 RIMG0490

画像の様にプーリ外周を外して、裏側の当たり面の清掃を行い、動きを良くするのが理想的です。
RIMG0494 RIMG0495

カムシャフト側の清掃も忘れずに。
RIMG0493

プーリーの動きがスムーズになると、調整機構が滑らかに動くようになります。
RIMG0496RIMG0497

この環境を整えてから、ベルトを取り付け、テンショナを張ります。
そうすると、必然的にアジャスト機構は同じ位置では組めない為、過去に締めていた
箇所と、交換後に締めた位置関係は都度変わってきます。
RIMG0498 RIMG0499

基本的な作業ですが、基本に忠実に組み付ける事で、調整値が原因の個体差を
無い状態にする事が可能です。

他にも数点の作業を行っています。
RIMG0501 RIMG0502
先程の画像でチラッと登場しています。
プラグホールに取り付ける、TDC(上死点)ゲージです。
ピストンの位置をダイヤルゲージで確認する事で、正確なピストントップを検出できます。
確か、アルファロメオのSSTのひとつですが、プラグホールのネジ径が合えばどんな
エンジンにも使用する事が出来る為、重宝しています。

タイミングベルトのカバーは、一見綺麗ですが、実はこれトレントでの洗浄を行ったもの。
トレント洗浄は、弱アルカリ性のため樹脂パーツの洗浄にも適しています。

エンジンマウントの新旧比較。
RIMG0503 RIMG0504
マウントの下側、中央部に飛び出しているのがエンジンとのつなぎ目であり、ここにぶら下がる
様にエンジンが取り付けられています。
黒いキャップが外したマウント
白いキャップが新しいマウント
中央部の飛び出し寸法が異なりますが、これがマウントのヘタリを表すものです。
沢山出ているほど、へたっています。

取り付けるボルトが再使用する事で、折れる事態が過去に頻発した為、ボルトを強化品に
変更します。
RIMG0505

そして、オリジナルパーツ アルミクランクプーリです。
RIMG0506
定番アイテムです。

引き続き作業は続行します。