イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

新設備導入~クーラントチェンジャー~

暑い夏がやってきましたね。
当社でも夏準備として、新しい設備を準備しましたよ。

クーラントの交換をより一層確実に、そしてスピーディに行う為の機械です。
RIMG1200
RIMG1187 RIMG1188
ラジエタキャップ装着箇所より、クーラントのバキューム吸引・真空引き・封入が可能な為、
作業現場に水が流れ出る事が無く、作業性が非常に良いのが特徴です。
また、エアー混入を誘発し易い車輌においても、真空からの充填が可能な為
エアー混入が起き難いため、安心です。

車輌から回収したクーラントの色が鮮明に確認できる為、汚れ具合の確認並びに
引き続き行うフラッシング作業で綺麗になるまで繰り返すのですが、その間のプロセスを
確実に確認する事ができる為、冷却ラインを物凄く綺麗に洗浄する事が可能です。
RIMG1185 RIMG1186

吸い上げ中に必要な所要時間は1分弱と非常にスピーディです。
勢いよく排水タンクに溜まる為、異常に泡立つクーラントである場合、その確認も可能です。
当車輌には、過去に当社で交換を行ったクーラントが入っている為泡立ちはほぼ皆無でした。
RIMG1191 RIMG1189
純正クーラントの中にはモコモコに泡立ち、消えるのに時間を要する物もあるので要注意です。

そして、プラスアルファの点検作業を行う事で、しっかりと意味のあるクーラント交換も可能になります。
RIMG1207 RIMG1241
クーラントの比重計です。凍結温度を測る事により、濃度を確認可能です。
濃度が濃すぎる場合、凍結温度はどんどん下がりますが、冷却効果が低下します。

濃度調整済みクーラントを機械より注入する事で、用途に合わせてクーラントをご用意する事が
可能です。用いるクーラントはSessA by Lubrossです。
RIMG1208

新設備導入で、違いの分かるクーラント交換を行いましょう。