イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

プジョー106の排気漏れ修理

継続検査でお預かりのプジョー106ですが、キャタライザーとサブマフラーの付近の排気漏れの為、加修作業を行います。
本来ならば、部品交換が基本ですが、費用も掛かる為、試行錯誤の末、加工修理を試みます。
キャタライザー後方のフランジパイプを製作交換します。

CIMG5216 CIMG5217

内径が合わない為、はめ合いが上手く行かず、内径加工をします。

CIMG5219 CIMG5214

CIMG5213 CIMG5215

治具を製作しプレスで圧入、内径を大きくして何とかフィットしました。

CIMG5220 CIMG5222

ラムダセンサーの取り付けネジ製作

CIMG5224 CIMG5223

CIMG5226 CIMG5227

在庫の材料を加工して中間パイプにフィットするパーツの製作、ラムダセンサーのネジ山製作、溶接加工にて修復完了、
明日の継続検査に間に合いました。