イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

FIAT500 1.4Lはマウント全数同時交換で微振動を解消

エンジンマウントは、快適装備のひとつと言っても良い位に、交換する事により
静粛性が増します。

今回は、フィアット500 1.4Lのマウントを全数交換しました。
現状の状態が非常に悪い、というレベルまで痛んでいるわけでは無いのですが、
外した物と、新品を比較するとその差は歴然でした。

トランスミッションのマウントです。
吊下げ方式ですので、重量物がぶら下がる様に取り付けられています。
rimg1465
左が新品
右が外した物
上部がペタンとしているのが確認できます。

下側にはひび割れも確認できます。
rimg1466

潰れた箇所の拡大です。
rimg1469rimg1468

こちらはエンジン側のマウントです。
形状がトランスミッション側とは形状が全く異なりますね。
こちらは、先程の物と比べても激しい劣化は確認できません。
rimg1470

拡大して各部を確認すると、距離・年数相応に、ヘタリは出ています。
rimg1472rimg1471

エンジンマウントの交換次期を迎える車輌は、こちらも交換次期を迎えています。
rimg1473
クーラント・リザーブタンクです。
フィアット500も、稀に穴が開いた、という話を聞きます。
高価な部品ではありませんので、5年経過・未交換の場合は、クーラントの交換
併せて交換したいですね。

画像がありませんが、もう一点エンジンロワマウントも交換しています。
こちらは、エンジン下側に装着され、前後方向の揺れを抑える物です。

エンジンマウント総交換を行うと、まずエンジン始動時・クランキング中の振動が減ります。
その後すぐにエンジンは始動し、アイドリング状態に移りますが、その際の振動が非常に
おとなしくなります。
発進時や、変速時、アクセルON/OFF 時のぎくしゃくした感じもマイルドになります。
結果的に、車の完成度が高まった様な感触を実感できます。
新車時はこうだったんだ~と、発見もありますよ。

消耗品の交換は、その効果を最大限に体感する為、悪い箇所だけではなく
全てを交換する事も大切です。
足周りの整備時にも同じ様な事が言えますね。