イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

DS3中古車の納車整備を進めています

中古車情報にて告知しました、シトロエンDS3 SS は納車整備が進んでいます。

その内容の一つ、水廻りの整備をご紹介しましょう。

交換部品は以下の内容です。
*ウォータポンプ
*ドライブベルト
*フリクションホイール
*ウォータポンププーリ
rimg1543

ウォータポンプはこの位置に装着されています。
rimg1540 rimg1542

ポンププーリは、最近流行のゴム素材の劣化が目立ちます。
rimg1544

新品のドライブベルト表面は、これまでのベルトと異なり、非常に毛羽立っています。
グリップ向上や、音の防止策なのでしょうか。
rimg1546

組み付け後の各部品の役割ですが、構造が従来とは異なります。
簡単に説明しましょう。
組み付け後の全体像
rimg1547

こちらが、ドライブベルトを張る為のテンショナーです。
張力調整はもちろん自動です。
rimg1548

テンショナ以外に、もうひとつの似た存在の物があります。
それがこちらのフリクションホイールです。
rimg1549

フリクションホイールは、ウォータポンプを回す為の役割を担っています。
ドライブベルトで回していないのですね。
ドライブベルトは、オルタネータとクーラコンプレッサを回すのみです。

フリクションホイールは、内部に温度変化に応じて接触具合をコントロールする
バイメタルが組み込まれており、冷却水温度が低い時にはエンジン内部を流れる
クーラントの流量が少なくなる仕組みです。
逆に温度が上がれば、全開流量で循環します。

それを分かりやすくするのが、次の画像です。
rimg1551 rimg1550
ウォータポンププーリにつけた青色のマーキングが、指先で空転します。
ベルトドライブ式であればこの様な空転はしませんけどね。

エンジンにかかる負荷を低減し、燃費に貢献する為の機構ですね。

クランクプーリにフリクションホイールが接触し、
フリクションホイールによって、ウォータポンプが回されています。
rimg1556

クーラントも交換しますが、クーラントクリーナも使用しています。
rimg1562 rimg1560

もうしばらくお待ち下さいね。
rimg1557