イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ルノーカングー異音の修理とタイミングベルト一式交換

カングー1.6-16vが異音発生で緊急入院していました。
エンジンを始動させると「ガラガラ」と古いディーゼルエンジンの様な音を響かせます。
お客様は、ここまで乗っていけると思う...との考えでしたが、積載車を出動させて
正解でした。

異音の発生原因はココ。
RIMG3129
オルタネータのプーリです。
何年か前に何台も交換したプーリですが、オリジナルが未だ健在であるのはなかなか珍しいです。

プーリの内部にダンパー機構が備わっており、外見からは分からないのですが
中で劣化が進行するのです。
RIMG3131 RIMG3130
内部のダンパー機構が粉砕し、内周と外周に大きな遊びができてしまいます。
エンジンを始動すると、その部分がグラグラと動く為、大きな異音が発生します。
ここまでくると、危険度は大です。

プーリー内からは粉化したダンパーが出てきます。
RIMG3132

このプーリーは、対作品のプーリに交換します。
RIMG3133

合わせて、タイミングベルトは2回目の交換です。
RIMG3148 RIMG3150
ベルトの背面には細かいヒビが多数発生し、危険な状態です。

クランクシャフトプーリーを固定するボルトです。
トルク管理後、角度締めを行うボルトの為、再使用は厳禁です。
外したボルトは、実際に伸びていました。
RIMG3151 RIMG3152
再使用すると、おそらく切れてしまいます。

カングーのスロットル部は、大きなOリングで気密が保たれています。
RIMG3153 RIMG3154
硬化して切れてしまいました。
インマニにはめ込んで、使用しますのでここから空気を吸うとエンジン不調を発生したり
異常燃焼から燃焼温度が上がり、触媒を傷めたりもします。

内側と外側どちらも交換します。
RIMG3155

外した方は、断面が四角形状になっていますが、新品は丸です。
RIMG3156
定期的に交換したい部分です。