イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

アバルト500 水漏れ修理は定番の大分解

アバルト500で、あれ?これ、どこからの水漏れ??
ってなる場合は大抵はこのケースなんです。

ぎっちり詰まって根源を直視不可な構造なので、修理となった場合は
徹底的な分解作業が必須となります。

まずは分解前のお姿。
IMG_4433
これが次の瞬間にはこうなります。
IMG_4434
ボケていますが、大分解しました。

以前に施工した際の事を思い出そうと、過去の記事を見てみると。
なんと一年前の今日!
偶然ですが、びっくりしました。

前回の手法とは変えてみました。
まだまだやり慣れていない作業ですので、どの作業が効率的にベストなのかを
探っています。
ちなみに、前回の時はラジエタやクーラーコンデンサ一式の付いたコアサポートまでは
外していません。
その代わり、細かな部品をセコセコと外していました。

今回は、大胆分解で細かな分解省略作戦です。
さて、どっちが効率よいのでしょうか。

水漏れ発生個所はこの奥です。
オイルエレメントブロックを外した奥側のウォータパイプです。
IMG_4436

ここですね。
IMG_4438
染み痕跡はあまりありませんが、間違いなくここです。
一応ウォータポンプも見てみました。
IMG_4440
無事ですね。

で、パイプを移動し、シールを外します。
IMG_4447
結構錆びています。
この錆が原因のように思えて仕方ないです。

分解ついでにサーモスタットも交換しています。
アバルト500のサーモスタット交換は、バッテリ回りや付近のブラケット、ターボ配管を
外す必要があり、結構手間がかかるのですが、今回の場合はそのあたりは一切触らず
分解して見晴らしの良くなった、前側から施工できました。

同時交換の必要なガスケット類をすべて交換し、組付け完了!
IMG_4450 IMG_4448
作業性にはメカニックの好みで、どちらが良いかは分かれてきます。
自分は、今回のケースが好みですね。

この後、エンジンオイルの交換・クーラントの入れ替え・オイルやLLCの漏れを
チェックし、作業完了です。

エアコンガスの封入も行っています。
IMG_4452

エアコンシーズンチェック出来ていますか~?