イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

IMG_4629

アバルト500に別体式水温計を取り付ける為、センサーを新設する必要があります。 レデューサーの部品も一部使いながら、アタッチメント

…続きはコチラ

IMG_4579

先日お届けしました、あのガタつきを修理します。 原因は、ステアリングギヤボックスの末端に装着されている、タイロッドの不良です。

…続きはコチラ

IMG_4563

現在整備を進行中のルーテシア3RSです。 何かと最近多発するこの状況。。 いったい何なのでしょう。 カムプーリには合マークが打

…続きはコチラ

IMG_4531

点検整備でお預かりなジュリエッタQVは、タイミングベルトの交換を行います。 ジュリエッタ1750のタイミングベルト交換は、自分の中

…続きはコチラ

IMG_8001

リヤショック交換のDS5は、アライメント調整を行い、再度SDLテストを行い仕上げます。純正オプションの19インチのタイヤホイールを装着の為、

…続きはコチラ

IMG_4305

サーキット走行を目前に控え、4点式シートベルトを装着する事となりました。 やっぱSabelt!ですよね。 男前な3インチ

…続きはコチラ

573178517.472832

DS5がリヤダンパーからのオイル漏れで、交換の為入庫しています。 他の車種とは異なり、特徴的な取り付け方がされています。 たいて

…続きはコチラ

572436072.677842

エンジン不調の症状にてお預かり中の156JTSです。 不具合の発生の仕方が従来の症例とは異なります。 JTSでよくある不具合症例

…続きはコチラ

IMG_4090

先日のLSDの続きです。 プリロード調整用のシム厚が、ストック分では調整できなかったため発注。 そして到着です。 繊細な調整が必要

…続きはコチラ

IMG_4088

オールドアルファの整備に欠かせない項目が、このステアリングロッド系統の 交換作業です。 現代は、タイロッドエンドが左右それぞれに一個

…続きはコチラ

IMG_3896

駆動系統の整備をある程度終えましたので、引き続きサスペンションに移ります。 そうそう。ドライブシャフト(ドラシャ)もメンテナンスしま

…続きはコチラ

IMG_3696

国産車の場合、ホイールを固定する場合にナットで固定します。 ヨーロッパ車の多くは、それとは逆にボルトで固定します。 最近では、国産車

…続きはコチラ

IMG_3685

フライホイールの組み付けには、フロントサブフレームを取り外す必要があります。 足廻りの分解や、車高の変化を伴う作業を施工した場合、ヘッ

…続きはコチラ

IMG_2737

先日より作業を進めています、ルーテシア&クリオ3RSのフライホイールです。 フライホイール周辺のオイル漏れが酷かったので、クランク

…続きはコチラ

IMG_3169

昨年末にお知らせしました、ルノー・ルーテシア&クリオ3 RS用の軽量フライホイールの 組み付けと同時に、クラッチの交換を行っています。

…続きはコチラ

Page 1 / 3123